apple-products-news-all’s blog

アップル製品(iPhone/iPad/iPod/Mac/Apple Watch/iOSなど)関連の最新ニュースや、お得情報、便利グッズなどをこのブログではお届けします。

お手軽にPCの動画をiPhoneに送る方法!超便利!

元リンク:パソコンの動画をiPhoneに再生する方法


皆さんのパソコンの中には、様々な動画を保存しているでしょう。次の場面でパソコンの動画をiPhoneに再生する必要があります。

1. 外出先でパソコンの動画をiPhoneに視聴したいです。
2. お風呂場やベットなど、家中好きなところでパソコンの動画をiPhoneに再生したいです。

ところで、パソコンの動画ををiPhoneで見る時、どうやっていますか?そのような問題を抱えている方は少なくないようです。
今回はiPhoneデータ転送の専門ツール「DearMob iPhoneマネージャー」で、パソコンの動画をiPhoneに再生する超便利な方法を紹介します。この方法を利用すれば、品質の劣化がなく、最適な形式とサイズで、パソコンの動画をiPhoneで見ることが出来ます。それでは、「DearMob iPhoneマネージャー」の特徴と、PCの動画をiPhoneに再生する詳しい使い方を説明します。失敗せずに、パソコンの動画をiPhoneに視聴したい方にオススメです。

合わせて読む:iPhone&iPadカメラロールの動画が再生できない時の対策


最適な形式とサイズで、パソコンの動画をiPhoneに再生するには~DearMob iPhoneマネージャーオススメ!

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、品質の劣化がなく、最適な形式やサイズでPCの動画をiPhoneに転送して再生することが出来る。同類のソフトと比べると、DearMob iPhoneマネージャーの方がシンプルで、動作も軽く爆速。


iPhoneでPCの動画を再生したい時、DearMob iPhoneマネージャーをお任せ!


超便利なパソコンの動画をiPhoneに再生する方法

PCの動画をiPhoneで見る方法はいくつあります。例えば、iTunesでパソコンの動画をiPhoneに同期して再生したり、iCloudや外部ストレージ、usbメモリーでパソコンの動画をiPhoneに転送して再生します。しかし、それらの方法でPCの動画をiPhoneに再生する時、次の問題がよく発生します。

iPhone非対応のフォーマットなので、iPhoneでPCの動画を再生できない」

iPhoneの容量が足りないので、PCの動画ををiPhoneに再生できない」

では、どんな動画形式でも、パソコンからiPhoneへスムーズに再生する方法はありませんか?サイズが大きいPC内の動画でも、iPhone容量を圧迫しなくて再生するには、どうしたらいいですか?

そういう時、DearMob iPhoneマネージャーを強くお薦めします。


DearMob iPhoneマネージャーの特徴!

MacWindowsのPCとiPhone間、ビデオや音楽・写真・電子書籍・ファイル・連絡先などのデータを双方向で転送することができる専門ツールです。DearMob iPhoneマネージャーを使って、iPhoneでパソコンの動画をiPhoneに転送して再生すれば、以下の特徴があります。

◎数クリックほどの簡単操作で、PCからiPhoneに複数の動画を一括転送して保存することができます。

iPhone非対応の形式の場合、動画転送の同時に動画形式を自動的にMP4へ変換します。つまり、わざわざ動画変換ソフトを利用しなくても、パソコンの動画をiPhoneで見ることがでます。

◎PC内の1080p、4K、8Kの高画質動画でも画質は劣化しなく、iPhoneに転送することができます。元の高画質のままに、パソコンの動画をiPhoneに視聴したい方に強くおすすめします。

◎特有の動画圧縮機能を利用すれば、1GBを超える動画を50%ぐらい圧縮出来ます。しかも、画質の劣化はほぼないです。これで、iPhone容量を圧迫しなくて、PCの動画をiPhoneに再生する可能となります。

◎インターネットが繋がらなくても、パソコンとiPhone間、動画データの移動ができる。インターネット環境がない場合も、PCの動画をiPhoneで見ることが出来ます。

◎動画転送のスピートを誇る。実際に試してみた結果、パソコンからiPhoneに396MBのMKV動画をMP4に変換して転送するのはただの166秒かかります。パソコンの動画をiPhoneで見る場合、時間を節約出来ます。

一言で言うと、DearMob iPhoneマネージャーはパソコンの動画をiPhoneで再生する時に大変役に立つツールです。


「DearMob iPhoneマネージャー」でパソコンの動画をiPhoneに再生する使い方>>

【2018最新】Macの動画をiPhoneに取り込みする五つの方法を届ける!

元リンク:Macの動画をiPhoneに送る方法


Mac動画をiPhoneに送る方法が分からない!?

現在のところ、外出先や移動中、iPhoneで動画を楽しむのはよい暇つぶし方法となっている。 iMac/Macbookに学習用の講義や記念ビデオ、アニメ、ドラマ、ムービーなど、たくさんの動画を保存されるMacユーザーはそれらのMac動画をiPhoneに転送して楽しみたい時が必ずあるだろう。ところが、Mac動画をiPhoneに取り込みたい時、どうすればよいのか? 特に、iPhoneで再生出来るビデオ形式はmov,mp4,m4v,3gp,ptというになるので、Mac動画をiPhoneに再生できないケースは多い。どうやって、iPhone非対応のMac動画をiPhoneで見ることが出来るのか?
本記事はMac動画をiPhoneに送る超便利な方法をご紹介する。形式やサイズを問わず、iMac/Macbook動画をiPhoneに転送・取り込み・再生するには、ぜひ最後まで見通してください。

合わせて読む:【厳選】Mac用iPhoneバックアップソフト比較ランキングTOP3~iTunes以外


形式やサイズを問わず、Mac動画をiPhoneに取り込み・再生するには、DearMob iPhoneマネージャーオススメ



DearMob iPhoneマネージャーはMacWindowsのPCとiPhone上のビデオ・写真・音楽・電子書籍・連絡先などのデータをやり取り出来る専門ツールである。

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、品質の劣化がなく、最適な形式やサイズでMac動画をiPhoneに保存することが出来る。同類のソフトと比べると、DearMob iPhoneマネージャーの方がシンプルで、動作も軽く爆速。Mac動画をiPhoneに取り込み・再生するには、DearMob iPhoneマネージャーをお任せ!


iTunesを経由なしで、おすすめのMac動画をiPhoneに送る方法


MacからiPhoneに動画を転送する方法ときたら、iTunesは定番ツールだけど、使いにくいのは周知のことである。iTunesを経由なしで、Mac動画をiPhoneに保存する方法を探している方はだんだん増えている。それに従い、iTunesの代わりになるソフトを続出している。

では、MacからiPhoneに動画を転送出来るiTunes以外のソフトの中に、どれが高機能で使いやすいのか?

いろいろと試した結果、iPhoneデータ転送ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」がオススメ!

DearMob iPhoneマネージャーのおすすめ理由!

DearMob iPhoneマネージャーはMacWindowsのPCとiPhoneiPad上の写真、音楽やビデオなどのデータを双方向で転送する可能なソフトである。iTunes の代わりになるツールを目指して開発されるソフトなので、使いやすさでも、データ転送の柔軟性でも、全部iTunesを超える。DearMob iPhoneマネージャーを利用して、MacからiPhoneに動画を入れる時、以下のメリットがある。

◆ ワンクリックほどの簡単操作で、Mac動画をiPhoneに転送することが出来る。初心者もすぐ使いこなす。
◆ 第三者のソフトを要らず、AVI、FLV、MKVなど様々なiPhone非対応のフォーマットの動画を自動的にMP4に変換出来る。
◆ 動画のサイズを圧縮する機能を備える。画質を劣化させることなく50%圧縮出来るので、iPhoneの容量を大量に節約できる。 
◆ 自動回転機能のおかげて、iPhoneのスクリーンに合わない動画を快適に楽しめる。例えば、縦向きのMac動画をiPhoneに再生する時、自動的に横向きへ回転し、iPhone上で全画面表示が可能となる。
◆ Mac動画をiPhoneに転送する時、8k、4K、1080p HDビデオの画質は高画質のままに移動出来る。
◆ 世界最速の転送スピードを誇る。396MBのMKV動画をMP4に変換して、iPhoneに入れるのはただ166秒かかる。
◆ MacからiPhoneに動画を個別&一括転送することをサポートする。大量の動画を移動する時もちっとも面倒くさくない。

まとめて言うと、DearMob iPhoneマネージャーを使って、品質の劣化がなく、最適な形式やサイズでMac動画をiPhoneに保存することが出来る。だから、Mac動画をiPhoneに転送したくても、Mac動画をiPhoneに再生したくても、DearMob iPhoneマネージャーが一番オススメ!


DearMob iPhoneマネージャーで、Mac動画をiPhoneに送る操作方法の詳解!>>

【機種変更】iPhoneの連絡先が移行できない時の対策はこれだ!

元リンク:失敗しない、iPhoneからiPhoneに電話帳(連絡先)を移行・引き継ぎする方法!

古いiPhoneから新しいiPhoneに乗り換える時、電話帳の移行は大切です。しかし、iPhoneからiPhoneに電話帳を移行する方法がよくわからないので、iPhone電話帳移行できないなんてトラブルはよく発生しています。トラブルによりiPhoneの電話帳データの一部または全てが損失する恐れがあります。そのため、iPhoneからiPhoneに連絡先を移行するのを慎重に行わなければならないです。

実は、iPhoneからiPhoneに電話帳を移行する方法はいくつあります。iPhone電話帳移行を失敗しないため、今回は、iPhoneからiPhoneに電話帳を移す超簡単な方法をご案内いたします。iPhoneからiPhoneに電話帳(連絡先)移行するのは不安という方はぜひご覧下さい。


「DearMob iPhoneマネージャー」ーiTunesよりも細かなところに手が届く



「DearMob iPhoneマネージャー」により、iPhone 連絡先をわずか数クリックだけでパソコンにバックアップでき、特にiPhone 連絡先だけをバックアップすることをサポートし、時間の手間の節約が期待できる。そして、例えばデバイス故障、データ紛失などの時に、ユーザーはお必要に応じて、バックアップした連絡先データをiPhoneに取り戻すことができる。
では、せっかくだが、まずソフトを無料ダウンロードして、iPhone 連絡先をバックアップする手順を一緒に見てみましょう。


iPhoneからiPhoneに電話帳をコピーする方法ときたら、勿論iTunesiCloudは一番よく使われているでしょう。実は、iTunesiCloudの他に、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneからiPhoneに連絡先を移行するのは意外に簡単です。続いて、DearMob iPhoneマネージャー でiPhoneからiPhoneに電話帳を引き継ぐ操作手順をご案内いたします。iPhoneの電話帳が移行できない不具合を完璧に解決できます。


◆「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneからiPhoneに電話帳を移行する


実際に比較した結果、iPhoneデータバックアップ・転送の専門ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneからiPhoneに電話帳をコピーするのはiCloudiTunesより、安全且つ意外に簡単です。まず、「DearMob iPhoneマネージャー」を利用して、iPhoneからiPhoneに連絡先を移行するメリットをご覧下さい。

iPhone電話帳だけを移行出来るだけではなく、iPhoneデータをまるごとにバックアップすることに通じて、iPhone電話帳を移行出来る。
○連絡先を一括移行するか、必要だけの連絡先を移行するか、自分のニーズに応じて選択出来る。
iPhone電話帳だけを移行する場合、新しいiPhoneの初期設定をやり直す必要がない。
WiFiネットワークがない環境でもiPhoneからiPhoneに電話帳をコピー出来る。
iCloud IDが異なる場合もiPhoneからiPhoneに電話帳を移す。
WindowsMac PCの両方に対応する。
iCloudiTunesiPhone電話帳移行できないトラブルで連絡先の紛失を避ける。


また、操作性について、「DearMob iPhoneマネージャー」も抜群です。早速、「DearMob iPhoneマネージャー」を使って、iPhoneからiPhoneに電話帳を移行してみましょう。

準備として、「DearMob iPhoneマネージャー」をお持ちのパソコンにダウンロード・インストールします。

次は、以下の手順に従って操作してください。

ステップ1、「DearMob iPhoneマネージャー」で古いiPhoneの電話帳をバックアップします。

①ソフトを立ち上げ、USBケーブルで古いiPhoneとパソコンに接続する。
②ソフトの主画面に「連絡先」を選択して、連絡先管理画面に入る。
③左側の欄から移行したい電話帳を一括選択して、上部の「エクスポート」をクリックする。
④「連絡先をVCFにエクスポートする」項目をクリックしたら、すぐパソコンにバックアップされる。
※バックアップ項目上にマウスポインタを置くと、バックアップデータの詳細情報を確認できる。

ステップ2、「DearMob iPhoneマネージャー」でバックアップした電話帳を新しいiPhoneに復元します。
①ソフトを立ち上げ、USBケーブルで新しいiPhoneとパソコンに接続する。
②ソフトの主画面に「連絡先」を選択して、連絡先管理画面に入る。
③上部の「インポート」をクリックして、先ほどバックアップされた電話帳を選んで、『開く』ボタンをクリックする。
④右下方の『同期』をクリックする。数秒の後、『完了』メッセージが出てきたら、iPhone連絡先の移行が完成する。


ここまで、「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneからiPhoneに電話帳を移行する手順は終わります。とても簡単でしょう。iPhoneからiPhoneに電話帳を移しても、iPhone電話帳をパソコンにバックアップしても、「DearMob iPhoneマネージャー」はいい選択じゃないでしょうか?


以上はDearMob iPhoneマネージャーでiPhoneからiPhoneに電話帳を引き継ぐ方法をご紹介します。意外と簡単でしょう!他にiTunes、またはiCloudiPhoneからiPhoneに電話帳を移す方法を知りたいなら、こちらへ!!

PC不要!iCloudでiPhoneからiPhoneに電話帳を移す方法>>


iTunesでiPhoneからiPhoneに電話帳を引き継ぐ方法>>

【2018】MacからiPhoneへ写真を入れる五つ方法をご紹介!

元リンク:https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/great-transfer-photo-from-mac-to-iphone.htm

Macに保存されている思い出の写真や画像をiPhoneに取り込みたい場合がありますよね。そういう時、どうやって、Macの写真をパソコンに転送しますか?実は、様々な方法でMacの写真をiPhoneに同期することができます。今回は、MacからiPhoneに写真を転送する超簡単な5つの方法をまとめて紹介します。どちらも超簡単にMacの写真をiPhoneに転送することができるので、最後まで目を通じて、自分に合っ方法を選んでください。


合わせて読む:【厳選】Mac用iPhoneバックアップソフト比較ランキングTOP3~iTunes以外

PCとMacの間、写真や音楽、ビデオ、連絡先などのデータをやりとりするには、DearMob iPhoneマネージャーオススメ!


DearMob iPhoneマネージャーはMacWindowsのPCとiPhone上のビデオ・写真・音楽・電子書籍・連絡先などのデータをやり取り出来る専門ツールである。
DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、Macの写真を自由にiPhoneに入れることが出来る。同類のソフトと比べると、DearMob iPhoneマネージャーの方がシンプルで、動作も軽く爆速。Macの写真をiPhoneに転送するには、DearMob iPhoneマネージャーをお任せ!

方法一、DearMob iPhoneマネージャーでMacからiPhoneに写真を入れる

iPhone写真転送ソフトを利用して、MaciPhoneで写真を共有するのは現在のところ、一番安全且つ高速だと思います。だから、最初にご紹介するのは、iPhone写真転送ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」でMacからiPhoneに写真を同期する方法です。ところが、様々なiPhone写真転送ソフトの中に、なぜ「DearMob iPhoneマネージャー」を選びますか?最初に「DearMob iPhoneマネージャー」を選ぶ理由を紹介します。

DearMob iPhoneマネージャーを選ぶ理由!

DearMob iPhoneマネージャーはMacWindows PC向けのiPhone/iPad/iPodデータ転送・バックアップ・管理を特化したツールです。iPhoneとパソコンの間、写真を始め、音楽、ビデオ、連絡先、電子書籍、ブックマーク、メモーなど、多様なデータを双方向で転送することができます。DearMob iPhoneマネージャーを類似のiPhone写真転送ソフトに比較してみると、以下の5つのメリットあります。

◆JPG/PNG/GIF/BMP/TIFF など多様な画像フォーマットに対応しているので、MacからiPhoneに写真を取り込みできない心配が要らない。
◆簡単なIUとMacユーザーに慣れる操作流れを採用するおかげて、ただ3歩だけでMacの写真をiPhoneに同期することができる。初心者もすぐ使い熟す。
MacからiPhoneに写真を同期する時、大量の写真を一括&一部だけ&一枚ずつに転送することができるだけではなく、ファイルごとに移動することも可能。自由に写真を転送するモードを選択できます。
◆強力なハードウェアアクセラレーションを搭載しているので、写真の取り込み・転送速度は圧倒的に速い。MacからiPhoneに1000枚の写真を転送する時間はだた20秒間ほど。
MacからiPhoneに写真を同期した後、写真は撮影日時で並んでいる。バラバラの順番にならないので、見つかりやすい。
◆写真だけでなく、音楽や動画、電子ブック、着信音、連絡先などのデータもMacからiPhoneへ転送可能。皆の様々な要望も満たせる。

総合的に言えば、他の写真転送ツールに比較して、DearMob iPhoneマネージャーの方がもっと高機能で、使いやすい。高速且つ安全にMacの写真をiPhoneに同期するには、DearMob iPhoneマネージャーをお

DearMob iPhoneマネージャーでMacの写真をiPhoneに転送する操作手順

DearMob iPhoneマネージャーを使って、MacからiPhoneに写真を転送するには、ただの3歩です。初心者も直感的に操作できますが、ここでは簡単に説明します。

MacからiPhoneに写真を入れる前の準備:

以下の「無料ダウンロード」ボタンでDearMob iPhoneマネージャーをお持ちのパソコンにインストールします。DearMob iPhoneマネージャーを起動し、iPhoneMacに接続すします。「このコンピューターを信頼する…」という提示が表示された場合は、「信頼」をタップしてください。すると、DearMob iPhoneマネージャーの主画面が表示されます。

MacからiPhoneに写真を移動する手順:

ステップ1、 主画面の「写真転送」アイコンを選択してから、上部のメニューバーにある「写真追加」をクリックします。
ステップ2、 MacからiPhoneに転送したい写真を選択して追加します。
ステップ3、 写真追加が終わったら、右下方の「同期」ボタンをクリックしてください。「インポート完了」のメッセージが出たら、MacからiPhoneに写真を共有する操作がすべて完了します。

以上です。すごく簡単じゃないでしょうか?MacからiPhoneに写真を転送するには、自分でやってみてください。


方法二、iTunesでMacからiPhoneに写真を同期する>>


方法三、iCloudでMacからiPhoneに写真を移動する>>


方法四、メールでMacからiPhoneに写真を転送する>>


方法五、AirDrop でMacからiPhoneに写真を共有する>>

iTunes代替ソフトでiPhoneバックアップを取る!iTunes要らない!

元リンク:https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/great-method-how-to-solve-itunes-backup-failed.htm

機種変更や修理出す時、iPhoneバックアップを取る必要がある。また、万が一の場合、iPhoneバックアップを時々取ったほうがよい。iTunesiPhoneバックアップを取るのはよく使われているが、容量不足や、認識エラーなど様々な原因でiPhoneバックアップできないケースが頻繁的に起こる。「iTunesでバックアップできない」「iTunesバックアップ失敗」「iTunesバックアップエラー」・・・なんて不具合に困っている人は少なくないだろう。
本記事はiTunesでバックアップできないと困っている人に、iTunes代替ソフトを使って、効率よくiPhoneバックアップを取る方法をご紹介したい。iTunesiPhoneバックアップできない原因を気にせず、ワンクリックでiPhoneバックアップを作成できるので、これは最も簡単なiTunesでバックアップできない対処法と言える。

iTunes代替ソフトで、効率よくiPhoneバックアップ復元する



DearMob iPhoneマネージャー

高機能!iTunes以外、新たなiPhone バックアップ復元用のソフト!
DearMob iPhoneマネージャーはiTunesの代わりになるソフトとして、写真・ビデオ・アプリデータ・メモー・連絡先・メッセージ・・・殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ・復元出来る。数クリックだけで、iPhoneバックアップ復元時間や手間を大量節約する。しかも、欲しいiPhoneデータだけをPCにバックアップする可能となる。iTunesiPhoneバックアップできない時、DearMob iPhoneマネージャーに任せ!

iTunesでバックアップできない時の対処法


iPhoneiTunesでバックアップする時、iTunesバックアップ失敗がよくある。そればなぜだろうか?iTunesiPhoneバックアップできない原因ときたら、主に以下の4つと考えられる。

1. お使いiTunesは最新のバージョンではない。
2. お使いのパソコンは空き容量が足りない。
3. 不安定なWi-Fiネットワークを使用している。
4. セキュリティソフトウェアが干渉している。

一般的には、iTunesバックアップ失敗の時、原因別に対応する。

iTunesiPhoneバックアップできない対処法1:最新のバージョンをインストールする。
iTunesiPhoneバックアップできない対処法2:不要なデータを削除し、パソコンの空き容量を増やす。
iTunesiPhoneバックアップできない対処法4:安定なWi-Fiを切り替える。
iTunesiPhoneバックアップできない対処法4:セキュリティソフトを無効化する。

しかし、不明原因で起こらせるiTunesバックアップエラーもたくさんある。そういう時、PCによくわからない人は殆ど解決できない。一言で言えば、iTunesバックアップエラーや失敗の原因は複雑なので、PCによくわからない人にとっては、原因別に対応するのは難しい。今、不明エラーでiPhoneバックアップを失敗するトラブルはiPhoneiTunesでバックアップする時の難問になっている。不明原因で、どうしてもiTunesiPhoneバックアップを取ることができない場合、どうすればよいのか?
そういう時、iTunes代替ソフトでiPhoneのバックアップを取るのは、最高の対策ではないだろうか? iTunes代替ソフトがあれば、iTunesiPhoneバックアップできないトラブルを気にせず、効率よくiPhoneのバックアップを取ることできる。

iTunes代替ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」お薦め!



iTunesは良いところがあるけど、iPhoneiTunesでバックアップする時の設定や操作は面倒で遅い。しかも、前述の通り、様々な原因でiPhoneiTunesでバックアップできない不具合も頻発している。iTunesiPhoneバックアップを取ることを嫌う人は多くなっている。そのような人の要望に応えて、iTunesの代わりになるソフトは続々登場した。その中に、一番おすすめしたいのは「DearMob iPhoneマネージャー」だ。
「DearMob iPhoneマネージャー」とは

「DearMob iPhoneマネージャー」はiTunes代替ソフトを目指すして開発されたiPhoneのバックアップソフトだ。「DearMob iPhoneマネージャー」をお薦める理由は以下に説明していく。

◎高機能iPhoneのデータをまるごとにバックアップできる上、写真や音楽、ビデオ、電子書籍、連絡先、アプリ内のファイルなど、欲しいデータだけをパソコンにバックアップすることも可能。その上、他に着信音作成、動画形式変換、HEIC写真変換、iPhoneファイルアプリ管理などの多彩な機能が充実している。機能性から見ると、iTunesより何倍高い。
◎操作性―PCによくわからない人もストレスなく使えるように、「DearMob iPhoneマネージャー」のデザインはシンプルで分かりやすい。セットアップはiTunesよりも何倍簡単。1クリックだけでiPhoneバックアップを取ることができる。データのインポートやエクスポート、削除、編集などの操作をすべて完了したら、ワンクリックでiPhoneに同期することができるのは最高。ソフトの動作も速いので、手間や時間を大幅に節約できる。他のiTunes代替ソフトを試してみたが、やはり「DearMob iPhoneマネージャー」の操作性は良い。
◎安定性&安全性―「DearMob iPhoneマネージャー」対象内容はiTunesと同様に、殆どのiPhoneデータをバックアップできる。先進的な技術を採用するので、ソフトの安定性は非常に高い。iPhoneバックアップできない不具合はあまりない。しかも、wifi環境がなくても、iPhoneのバックアップやデータ管理をサポートしている。データの紛失や個人データの漏れが一切ない。ソフトの安定性とデータの安全性は類品の中に抜群。iTunesバックアップ失敗の頻発に困っている人はぜひ試してください。

「DearMob iPhoneマネージャー」対象内容はiTunesと同様に、殆どのiPhoneデータをバックアップできる。先進的な技術を採用するので、ソフトの安定性は非常に高い。iPhoneバックアップできない不具合はあまりない。しかも、wifi環境がなくても、iPhoneのバックアップやデータ管理をサポートしている。データの紛失や個人データの漏れが一切ない。ソフトの安定性とデータの安全性は類品の中に抜群。iTunesバックアップ失敗の頻発に困っている人はぜひ試してください。


「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneバックアップを取る操作方法>>

【必須】iPhoneバッテリー交換時のデータバックアップ方法!!

元リンク:https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/great-iphone-battery-change-guide.htm

iPhoneが古くなると、iPhoneの動作が遅くなったり、充電できなかったりする不具合が頻発する。主な原因ときたら、iPhoneバッテリーの持ちが悪化すると考えられる。 iPhoneバッテリーの劣化状況に応じてiPhoneの性能が自動的に制限されている問題について、Appleも認めた。iPhoneバッテリーが劣化による性能が制限される場合、iPhoneバッテリー交換が最高の対策だ。しかし、どうやって、iPhoneバッテリー寿命をチェックするのか。iPhoneバッテリー交換でデータ消えるのか?また、iPhoneバッテリー交換手順は知らない。

上記のお悩みがある人のため、本記事はiPhoneバッテリー交換方法を徹底的に紹介しようと思う。iPhoneバッテリー寿命確認、iPhoneバッテリー交換流れ、iPhoneバッテリー交換費用、iPhoneバッテリー交換のバックアップなど、全部まとめている。iPhoneバッテリー交換ガイドとして参考しください。


ワンクリックの簡単操作で、iPhoneバッテリー交換時のデータバックアップ方法



DearMob iPhoneマネージャー


超簡単!iTunesiCloud以外、新たなiPhoneバックアップ復元方法!
写真・ビデオ・アプリデータ・メモー・連絡先・メッセージ・・・殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ・復元出来る。数クリックだけで、iPhoneバックアップ復元時間や手間を大量節約する。しかも、欲しいiPhoneデータだけをPCにバックアップする可能となる。iPhoneバッテリー交換のバックアップ方法とときたら、初心者もストレスなく使えるDearMob iPhoneマネージャーが一番オススメ。


iPhoneバッテリー寿命について



iPhoneバッテリー寿命はどれぐらい?

Appleによると、iPhoneバッテリーのフル充電サイクルが500サークルだ。500サークルを超えると、iPhoneの性能が自動的に制限されて、本来の容量の最大80%に減る。500フル充電サイクルは大体、2~3年で使い切るので、一つの基準がないけど、iPhoneバッテリー寿命は3年間と思われる。注意すべきなのは、フル充電サイクルは単純に充電した回数ではないで。1フル充電サイクルはバッテリー残量0から100%まで充電することを指す。例えば、一回目に30%から100%まで充電、二回目70%から100%充電したら、合計100%になる。2回で1フル充電サイクルに相当する。
iPhoneバッテリー寿命が過ぎる時の症状
iPhoneバッテリーの劣化状況に応じて性能が自動的に制限されている。もし、iPhoneバッテリーの持ちが悪化すると、以下のような現象が頻繁に起こる。
iPhone画面の明るさが暗くなる
◎スピーカーの音量が小さくなる
◎一部のアプリで動画がスムーズに再生されなくなる
◎電池の減りが異常に速くなる
◎バッテリー本体が膨張する
◎バッテリーの残量表示がおかしくなる
◆おすすめのiPhoneバッテリー寿命確認方法~DearMob iPhoneマネージャー
iPhoneバッテリー寿命をチェックするには、どうすればよいのか?次は簡単操作でiPhoneバッテリー寿命確認方法をご紹介する。貴方のiPhoneバッテリー寿命が過ぎているのかを確認してみよう。
DearMob iPhoneマネージャーというソフトを用いて、ワンクリックでバッテリー容量の消耗度合いをチェックすることも可能。DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバッテリー寿命を確認する手順は以下の通り。
1. DearMob iPhoneマネージャーというソフトをお持ちのパソコンにダウンロード・インストールする。

2. ソフトを起動し、USBケーブルでお使いのiPhoneとパソコンを繋ぐ。
3. 主画面の電池アイコンをクリックしたら、バッテリー情報の表示画面に入ります。この画面で、お使いのiPhoneのバッテリーの健康状態、バッテリー残量、バッテリー設計容量、バッテリー現在容量、バッテリー充電サークル(回数)などの項目を見られる。

DearMob iPhoneマネージャーを使って、iPhoneバッテリー寿命の確認を簡単になる。iPhoneバッテリー交換する必要があるかどうかと自分でも判断できる。



iPhoneバッテリー交換方法について


関係報告によると、iPhoneバッテリーの持ちが悪化すると、iPhoneバッテリー交換でパフォーマンスが2倍になる。なので、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバッテリー寿命が過ぎていることを明確した後、iPhoneバッテリー交換は最高の対策だ。iPhoneバッテリー交換方法は主に以下の三つある。
1. AppleStoreや公式修理店でiPhoneバッテリー交換を行う。
2. iPhone修理屋さんでiPhone電池交換を行う
3. 自力でiPhoneバッテリー交換を行う
続いて、iPhoneバッテリー交換方法について、一つずつをご紹介する。


iPhoneバッテリー交換方法1~AppleStoreや公式修理店でiPhone電池交換を行う。
AppleStoreや公式修理店でiPhoneバッテリー交換を行うのは最も安全なので、一番オススメなiPhoneバッテリー交換方法だ。
交換用の在庫があるかどうかを確認する必要があるので、一度電話でお店に行きたい日を予約することがオススメ。在庫があれば、即日で交換対応をすることが可能。在庫がない場合、1週間ほど期間がかかる可能性がある。もし、最寄りの店舗に在庫がなければ、Appleコールセンターへ配送でバッテリー交換を依頼することも可能。AppleStoreや公式修理店でiPhoneバッテリー交換の流れは以下の通りだ。
1. まず、受付で予約した旨とご自身のお名前を伝える。
2. 修理をする技術者が空いていれば、カウンターへ案内される。技術者が相手いない場合は10分から混雑状況によっては20分ほど待つ可能。
3. 受付用紙に住所・名前などのお客様情報や同意事項のチェックを記入する。
4. お持ちのiPhoneバッテリーの容量を確認する。
5. 79%以下の場合、交換条件を満たすかの確認を行う。問題がなければ、iPhoneバッテリー交の手続きが進む。iPhoneバッテリー容量が80%以上の場合、他のバッテリーの持ちの改善案を提案する。
iPhoneバッテリー交換交換作業時間は機種によって異なるけど、大体1時間ぐら。
iPhoneバッテリー劣化で性能が自動的に制限される問題の影響で、AppleiPhoneバッテリー交換費用を期間限定で値下げすることを発表した。AppleStoreや公式修理店でiPhoneバッテリー交換の費用について、1年間の通常保証・『AppleCare+』の対象なら無料、対象外の場合は2018年の12月まで、3,200円で行える。iPhoneバッテリー交換費用を値下げする対象機種は以下の10モデルだ。
iPhone SE・6・ 6 Plus・6s・6s Plus・7・ 7 Plus・8・8 Plus・X

iPhoneバッテリー交換方法2~iPhone修理屋さんでiPhone電池交換を行う
AppleStoreや公式修理店でiPhoneバッテリー交換をするのは最も安全だけど、時間や利便性を考えると非正規のiPhone修理屋さんでiPhone電池交換をする人もいる。この場合、修理したいiPhoneを直接にiPhone修理屋さんへ持ち込んで、バッテリー交換をお願いすると良い。ただし、iPhone修理屋さんでiPhoneバッテリー交換の費用は店や端末によって異なるが、AppleStoreや公式修理店より少し高いみたい。

iPhoneバッテリー交換方法3~自力でiPhone電池交換を行う
新しいiPhoneバッテリーを購入して、自分でiPhoneバッテリー交換を行うことも可能。難しそうに聞こえるが、最近はバッテリー交換キットなる物が販売されていて、自力でiPhone電池を交換するのを簡単にする。自力でiPhone電池交換を行うメリットは費用が最安。興味があれば、試しに自力で交換してみよう。

iPhoneバッテリー交換のデータバックアップは必須



iPhoneバッテリー交換でデータが消えるのかと知りたい人が少なくないみたい。実は、状況によってiPhoneバッテリー交換でデータ消える場合と消えない場合があった。データの安全性を考えると、iPhoneバッテリー交換のバックアップを事前に取る必要がある。
iTunesicloudを利用すれば、iPhoneバックアップを取ることができるけど、操作はやや複雑で、復元できない不具合も頻発している。なので、ここではiTunesicloudより簡単なiPhoneバックアップ方法をご紹介しようと思う。それは、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバッテリー交換のデータバックアップを取るのだ。


DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバッテリー交換のデータバックアップやり方>>

超簡単なiPhoneバックアップ復元できない対策!iPhone機種変更時に役立つ!

元リンク:https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/great-solution-iphone-backup-restore-error.htm

2017年、アップル会社はiPhoneの新型iPhone 8/8 plus/Xを公開しました。デザインや機能が大幅に進化していたので、公開されて以来、多くの注目が集めています。

古いiPhoneから新しいiPhoneに機種変更する時、写真や音楽、ビデオ、アプリ、連絡先などのデータを移行する必要があります。しかし、一般のユーザにとっては、iPhoneデータ移行方法やiPhoneバックアップ復元の仕方はやや複雑で、分かりにくいです。内部エラーや操作ミス、容量制限など様々な原因で、「iPhone Xバックアップ復元できない」「iPhone 8バックアップ復元できない」といったiPhoneバックアップ復元できないトラブルが頻発しています。今でもiPhone XiPhone 8バックアップ復元できない問題に困っている人が少なくないでしょう。一体初心者もストレスなくiPhoneバックアップ復元方法がありませんか? 本ページに、そのお悩みがある人のため、iPhoneバックアップ復元ができない対策を紹介します。1クリックだけの簡単操作でiPhoneバックアップ復元することができるので、iPhone 8iPhone Xにデータ移行したい人はぜひ見逃しないでください。

iTunesiCloudを超えたiPhone 8/Xバックアップ復元方法



DearMob iPhoneマネージャー

超爆速!iTunesiCloudを超えたiPhoneバックアップ・復元できるソフト!
写真・音楽・ビデオ・アプリ・連絡先・メッセージ・・・殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ・復元!1クリックだけの簡単操作で、旧iPhoneから新iPhoneにデータ移行する可能。しかも、iPhoneバックアップ復元時間や手間を大量節約する。iPhone 8/Xバックアップ復元の時、DearMob iPhoneマネージャーに任せ!


iPhoneバックアップ復元できない原因



今のところ、iTunesiCloudは最も幅広く使われているiPhoneバックアップ復元方法です。しかし、iTunesiCloudを利用するとき、アイフォンバックアップ復元できないトラブルが結構多いです。iPhoneバックアップ復元エラーで大事なデータを消えたことに困っている人もたくさんいます。

iTunesiCloudiPhoneバックアップ復元を上手にいかない時に何が起きていますか? iOSiTunesが最新バージョンではないのはiPhone 8iPhone Xバックアップ復元できない原因の一つです。容量不足とバッテリー問題、Wi-Fi接続の安定性、セキュリティソフトの干渉、usb接続、端末の内部設定などもアイフォンバックアップ復元できない原因です。他にもいろいろな不明エラーによってiPhoneデータ移行できないケースもあります。要するに、iPhoneバックアップ復元できない原因は様々です。

合わせて読む:

iPhone 8復元が終わらない対策&iPhone 8復元時間を短縮する方法>>



不要なiPhone バックアップを削除したい?iTunes/iCloud バックアップを削除する方法>>


【最新】iPhone バックアップ中断・再開方法&iPhone バックアップ中断できない対策>>

iPhoneバックアップ復元できない時の対策


前述の通り、iPhoneバックアップ復元ができない原因は症状によって異なります。インターネットで「アイフォンバックアップ復元できない対策を探したら、症状別の対処法がたくさんあります。確かに、iPhoneバックアップ復元できないトラブルを起こる場合、個別の原因に対応するのは良いけど、一般の人にとっては、やはり難しいです。対処法に参照してやっても解決できないケースも少なくないです。しかも、不明エラーのことでアイフォンバックアップ復元できないケースがあります。原因を問わず、iPhoneバックアップ復元できないトラブルを解決できる対策はありませんか?

必死に探してみた結果、やっと見つかりました。それは、他のiPhoneバックアップ復元方法を利用して、iTunesiCloudに代わって、iPhoneデータ移行を行います。そうすれば、アイフォンバックアップ復元できない問題を完璧に避けます。続いて、iTunesiCloudに代わるiPhoneバックアップ復元方法をご紹介します。

最高のiPhoneバックアップ復元方法


iTunesiCloud以外、iPhoneバックアップ復元を効率よくすることができる方法は多くないです。ここにおすすめしたいiPhoneバックアップ復元方法はDearMob iPhoneマネージャーです。DearMob iPhoneマネージャーはiPhoneデータバックアップ・転送・管理機能を一体にした高機能ソフトです。DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータをまるごとに移行することができます。iTunesiCloudの代わりになるiPhoneバックアップ復元方法として、以下のメリットがあります。


◎高機能―殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ復元出来る上、欲しいデータだけをバックアップすることも可能。他に、データ編集・管理、iPhoneとPCとのデータやり取りも手軽に出来る。

◎使いやすさーシンプルさとわかりやすさを誇り、1クリックでiPhoneバックアップ復元することができる。端末には特別な設定がないので、iTunesiCloudより何倍も簡単。

◎安全性―写真や音楽・ビデオ・連絡先・アプリ・メモ・メッセージなどのデータをサポートする。バックアップ復元されたデータが紛失されない。

◎速さーiTunesiCloudiPhoneバックアップ復元する時間はかなりかかる。このソフトは実行したテスト結果、手間を節約出来る上、iPhoneバックアップ復元時間も短くする。iPhoneバックアップ復元時間が長いに困っている人におすすめ。


DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップ復元の仕方>>